2015年09月15日

政府の災害対策本部は、9月15日現在、内閣府に設置されているのか?

各政党ごとにバラバラに災害対策本部を設置して、何かメリットが増すのか?

国務大臣が災害対策本部長を務めるのが、本来の災害対策本部じゃないのか?

災害対策基本法
・ 第三節 非常災害対策本部及び緊急災害対策本部

防災訓練でしか閣僚が勢ぞろいできない内閣なのだろうか? 

こどもにやり方を教えることはできても、自分たちでやろうとしないのは、なぜ?

政府の災害対策本部って、あってもなくても、どちらでもいいものなの?
(ニュースを見る限りではそんな風には、到底思えない。)












政府の災害対策本部は、9月15日現在、内閣府に設置されているのか?

わからないことは、直接電話で聞くしかないのか?

・内閣府庁舎・中央合同庁舎第8号館
〒100-8914 千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)

・03-3581-0101
首相官邸、 電話番号

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「政府」の「災害対策本部」や、「防災の取り組み」について調べていて、偶然見つけてしまった、言葉を失う、今年3月11日に発表された、安倍首相からの語りかけ。



「ちょう待てよ。お前、なんでネクタイの色、その色やねん? 今日、何の日かわかってへんねやったら、今すぐ政治家やめろ」って、周りのヤツ、誰一人としてコイツに指摘せえへん、そういう悲しい人間どもが寄り集まって、この国を動かしているんでしょうか。

tukimeinichi.PNG

(↑9月11日放送の「はまなかあいづONLINE」をリンクしていますが、明日、明後日あたりで、視聴できなくなるはずです。大震災から4年半を迎えた先週の9月11日が、多くの震災・津波で亡くなられた方々にとっては、どういう日なのか? 番組の中では、「祈りの日」と伝えられています。)

posted by DJ楢山節考 at 13:02| 日記 | 更新情報をチェックする