2016年03月01日

関西電力高浜原発4号基2月29日午後スイッチ捻った瞬間エグい警報音うろたえる作業員皆ビビりまくり故障というか制御できてない見てるだけで俺も半泣き何もかも恐すぎ原発やめろ。





2月20日には、同じ原発で6万ベクレルもの放射能漏れがあったばかり。危機感も緊張感もない、呑気な口調の関西電力担当者の会見の日後に、上掲のニュース映像にある警報音が鳴り響くことになる。
〔※高浜原発4号基内で放射能漏れがあった日付を間違って「2月26日」と書いておりました。すいません。正しい日付を太字で訂正いたします。以下、新聞各紙サイトも併せてご参考になってください。〕
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160220-OYT1T50119.html
http://mainichi.jp/articles/20160221/k00/00m/040/070000c
http://www.asahi.com/articles/ASJ2N7J46J2NPLFA004.html


高浜原発ボルトの緩みで水漏れ事故20160222houdousta... 投稿者 gomizeromirai
これでもしまたメルトダウンとかしたら、俺は一体、誰をしばきまわしたらええのか? (その前に安定ヨウ素剤はどこで手に入れればいいのか?)








↑イマドキ、原発事故前につくられたのと同じノリの、こういう無意味な宣伝/洗脳映像を見せられたところで、誰が安心できますか? 
映像を制作した電力会社と原発利権がらみの連中が、満悦しているだけでしょう。
(ていうか、「え! この手の映像、まだつくる気なん!?」って、普通は唖然としますよね。「その感覚が、もう、どうしよもうなく、アウトやねん! だから信用できへんねん!」って。)
 むしろ、「こういうのん見せといたら、大概、安心しよるで。大丈夫、大丈夫。また、なんぼでも再稼働できるから」ぐらいに、状況も、国民も、ナメられているとしか思えないのが、余計に恐い。

吐き気がします。
硬直した言い回し、死んだ音楽。
見ているだけで気が狂いそう。
何か大変な事故が起こってしまったときに、
責任取る気、お前ら、ないやろ?


ちゅうか、こういう映像に金かけるんやったら、
地下にも海にも漏らしてる福島原発の汚染水対策の方に、
なぜ、金もエネルギーも集中させないの?



先月初めにアメリカで起きたインディアンポイント原発(※トラブルだらけの、どうしようもないオンボロ原発のようです。)の放射能漏れのニュースも、全然日本では報道されませんし。


http://newyork.cbslocal.com/2016/02/08/indian-point-water-contamination-probe/

インディアンポイント原発のように、
海じゃなくて、川沿いでも、原発建てられますよ!
関西圏の電気を、わざわざ福井の海に原発建てて発電せんでも、
琵琶湖畔でも、大和川沿いでも、淀川沿いでも、
原発つくれますよ!




もし、原発事故が起こったら、どうしたらええの?
逃げて、避難して、
ほんで、その後は?


原発事故責任 投稿者 itou228

そもそも、福島の原発事故の、責任取れる人間は、いるの?
人間に責任取れますか?

↓5年も経っているのに、「仮想空間で廃炉訓練」(!)というニュース。


↓今の日本の現実。



今年、チェルノブイリ原発事故から30年目の年。
昨年ノーベル文学賞を受賞されたスベトラーナ・アレクシエービッチ氏の『チェルノブイリの祈り』、気になってはいるんだけど、まだ読んでいない、という方は、是非買って読まれることをおすすめします。
私は今年に入ってからようやく読んだばかりなのですが、読み終えてからも、ずっと手元に置いて読み返しています。(ほかに、別の著者による、同じような書物があるのだろうか? あるのなら是非とも教えてもらいたいです。)

チェルノブイリは、日本の未来なのかもしれない、と思いました。

posted by DJ楢山節考 at 17:34| 日記 | 更新情報をチェックする