2016年07月01日

菅野完著『日本会議の研究』(扶桑社新書)は、参院選の投票日までに絶対読んだ方がいい。

「買うのも読むのも遅くなってしまったけど、ギリギリ選挙前に読めてよかったわ!! 書いてくれて、ありがとう!!」と、著者に感謝したくなる本です。

「日本会議って、何?」という人こそ、読んだ方がいいです。
(今、売れている本なので、どこの本屋さんでもあります。著者は奈良の人らしいですよ!)

「日本会議は中身空っぽ」 異色の著述家・菅野完氏が解明

『日本会議の研究』の著者・菅野完氏の解説が聴ける、デモクラTV。(←1:37:06 あたりから。しゃべりも面白く、なぜか、「ああ、サイキック青年団でこの人がしゃべってるとこを聴きたいな、」と思ってしまった。とてもわかりやすいですが、本を読んでからの視聴をおすすめします。)


https://www.buzzfeed.com/satoruishido/nipponkaigi-mezasu-kaiken?utm_term=.krVxyYpknW#.uhowVg8QNv

http://dailycult.blogspot.jp/2016/06/blog-post_14.html

日本会議、改憲の先に目指す社会 「親学」にじむ憲法観

参院選
改憲勢力3分の2焦点、アベノミクス問う…公示

タグ:憲法改正
posted by DJ楢山節考 at 00:31| 日記 | 更新情報をチェックする